若返り効果のあるたるみ治療|信頼できるクリニックにお任せ

医者と看護師

下まぶたを引き締めるため

顔を触る女性

下まぶたの弾力の低下

目の下のたるみは、下まぶたの弾力の低下が原因となっています。弾力が少なくなると、下まぶたは脂肪の重みに負けることで、垂れてきてしまうのです。そのため美容外科では、目の下のたるみ除去のための、下まぶたの弾力を高める治療がおこなわれています。特に有効とされているのが、レーザーやラジオ波で肌細胞を活性化させるという治療です。肌細胞が活性化すれば、下まぶたでは弾力をもたらすエラスチンとコラーゲンとが多く作られるようになります。するとキュッと引き締まった状態になりますし、脂肪をしっかりと持ち上げることができるようになるのです。これにより、目元の小じわやクマも解消されるので、美容効果の高さから目の下のたるみ除去には高い人気があります。

下まぶたから脂肪を除去

ただし、下まぶたが引き締まっても脂肪が増えれば、目の下のたるみは再発します。それに伴って、小じわもクマも目立つようになるので、目の下のたるみ除去後は、脂肪を増やさないように気をつけることが大事です。しかし、仮に多くの脂肪がついてしまったとしても、美容外科ではそれを除去することも可能となっています。具体的には、下まぶたを裏返して、そこに小さな穴をあけて、脂肪を揉み出すのです。脂肪が少なくなれば、重みで下まぶたが垂れることはなくなります。さらに、目がパッチリと開いたり、目元がスッキリとした状態になったりするので、一石二鳥です。下まぶたの裏側での手術ですから、目立つ傷跡も残りません。脂肪を増やさない努力は大事ですが、増えてしまっても、美容外科ではこのように効果的な方法で解消してもらえるのです。

Copyright© 2016 若返り効果のあるたるみ治療|信頼できるクリニックにお任せ All Rights Reserved.